新潟市寺尾中央公園の植物

 
2011 May 13 更新: 帰化植物のヒナカラスノエンドウを追加、日本国内では新潟市で最初に発見されました 駐車場の北側にありました。

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1) Google Map は「地図」よりも「航空写真」の方が解像度がはるかに高く、そちらに切り替えることをお薦めします。
さらに、植物の位置を示すマーカーは「航空写真」に合わせてありますので、「地図」ではわずかにずれております。
2) 地図上のマークにマウスカーソルを載せるとその花などの画像が表示されます。
3) Zoom、 ZoomOut ボタンクリックで画像を拡大縮小できます(ただし、ここでは通信速度を考慮して画素数を減らした画像を使っています)。
4) 画像上をドラッグすれば、画像を上下左右に移動できます。
5) なお、地図上のマークをクリックしても何の反応もしません。

              

 新潟市寺尾中央公園の植物

 寺尾中央公園にどのような種類の植物があるかを紹介しています。 植栽された樹木はどうしても日本全国共通性の高い種類になるのでしょうが、鳥が植えた樹木(鳥が運んできた種子から芽生えて成長した樹木)もあります。 例えば、エノキ、トベラ、シロダモ、タブノキなどは多少は新潟の地域を特徴づけているかも知れません。 私自身も樹木の名前を知って、樹木の四季の変化に人生の楽しみを見出すようになりました。 様子を見ながら掲載画像を増やし、季節に合わせて内容を更新できればと思っています。

お世話になったサイト様(ありがとうございました)
サイバーサイクリストのページ GoogleMapsAPI用マーカーアイコン 「方向指示マーカー Ver.1.1」 (フリー素材)
JavaScript + Ajax 実践サンプル集 DHTML(応用) -> ドラッグ -> HTML要素をドラッグする

Homeへ戻る